必要とされたい欲求を叶えるためにこれをする!埼玉カウンセリング

query_builder 2023/11/06
ブログ
25135933_s

必要とされたい欲求を叶えるためにこれをする!埼玉カウンセリング

誰だって好きな人には愛されたい、必要とされたいと思うもの。

私自身そのように考えてきたよ。


どうしたら、もっと愛してもらえるかな?

どうしたら彼にもっと必要としてもらえるだろうか...


今思い返すと、そんなことを日々考えていたよ。


でも、愛されたい必要とされたいと強く思っている間は、皮肉にもその願いは叶わないもの。

(詳しくはこちらの記事を読んでみてね▼)


必要とされたい...これを実現するために考えることLaPrincesse


そう、前回の記事にも綴ったのだけど「愛されたい」「必要とされたい」を本気で叶えたいと思うのであれば、


まず先に自分が自分を愛してあげる、必要としてあげることをクリアすることが必要なんだよね。


いやいや、自分を愛するなんて出来ないよ!

自分で自分を必要と思えないから、必要とされたいの!


そんな声も聞こえてくる気がするけれど。


結局、自分が自分のことを愛せない人は、人を愛することも出来ないし、

自分のことを愛せない人は、人からも愛されないんだよ。


自分の周りにいる人は、自分の鏡だから。

自分のことを自分が無下に扱う人は、他人にもそうされる。


私自身、これまで人にひどい扱いをされることが少なくなかった。


「カネ貸してー。」と言われるから、貸すも返ってこない。とか、

普通に約束をすっぽかされたりとか(しかも「あーごめんごめん」と軽く謝られて終わり)とか

殴られるとか、騙されたりとか...

いや、もう本当におかしいだろということが、たくさんあったんだよね。


でも、何故こうなるかを考えた時に気付いてしまったんだよ。

自分自身が、自分をそういうふうに扱っているからだと。


自分との約束もすぐ破る。

あれしたいなと思っても「いやいや、忙しいんだからダメに決まってる」と冷たくしたり、悲しい悔しいと感じた時にそれを認めず「そんなことはない。」と否定した。


そんなふうに雑に自分を扱ってきたんだよ。


悲しいことに、自分の扱いで他人にどう扱われるかが決まるんだ。

自分を大切に扱う人の周りに、自分を雑に扱う人は現れない。


何故なら、自分がそれを許さないからだよ。


結局、雑な扱いを受けるということは、自分がそれを許してしまっているからに他ならない。


これまでの恋愛で、ひどい扱いをされてきた。

いつも悔しい思いをしてきた。

愛されなかったし、必要とされなかったと感じるのであれば、つらいかもしれないけど「では、自分は自分をどう扱ってきたんだ?」を考えてみよう。


もし反省するところがあれば反省をして、今後の幸せ恋愛に繋げていけたら良いよね。


今日は、必要とされたい欲求を叶えるために、具体的に何をすると良いのかを詳しく書いていくよ。


  ◆目次◆

  1. 自分の気持ちと思考をひたすら受け止める
  2. 自分の中にある怒りを紙に書き出してみよう
  3. 自分を労るということはモノを与えることではない


1 自分の気持ちと思考をひたすら受け止める


冒頭にも書いたように、誰かに「愛されたい」「必要とされたい」と考えるのであれば、兎にも角にもまず自分が自分を愛すること、自分が自分を必要とすることをやっていこう。


そうは言っても、「自分を愛するなんてどうして良いのか分からないよ。」そんなふうに思ってしまうかもしれないね。(私自身、最初は自分を愛する?は?って感じだった。)


自分を愛してあげようと一口に言ってもその方法はたくさんあるかもしれないけれど、私がおすすめするのは「自分の気持ちと思考をひたすら受け止めてあげる」こと。


ようは、自分との対話だよね。


私たちは、無意識に自分の頭の中で常に考え事をしていると思うの。


今日のお昼は何を食べようかなあ...。

明日は仕事で会議があるんだっけ。

あの洋服が欲しい。

...こんなふうに。


その時に、私たちは無意識にその独り言に返答していると思うの。


今日のお昼は何を食べようかなあ...。

「コンビニのおにぎりで良いか。お金勿体ないし。」


明日は仕事で会議があるんだっけ。

「いやだな。面倒だし。」


あの洋服が欲しい。

「いやいや、もう若くないからあれは着れないでしょ。」


こんなふうに。


自分の頭の中に出てくる無意識の声に、私たちは日々どのように返答しているかは、あまり考えたことはないかもしれない。

だけど、どのように返答しているかを見つめることがとても大事なんだよ。


他人に雑に扱われてしまったり、ひどいことをされてしまう人は、日頃の自分の言葉に対する返答が雑になっていたり、ひどい返答していることが少なくないの。


だから、そこを意識的にチェックする。

もちろん逐一それをするのは、難しい...と言うか無理だと思う。


だから夜寝る前にでも一日を振り返って、思い出せるだけで良いからその日自分が考えたこと、そしてそれに対する返答を見つめてみるの。


そうすると、日々自分が自分に対しどう接しているかが見えてくる。


悲観的だったり、否定的だったり、攻撃的だったり...

色々見えてくると思う。

それを黙って見つめてみるんだよ。


それを見つめてあげることも、愛することだからね。

否定しない、そうだったんだと現実を受け止めること。


そのあとに、どう接したら(どう返答したら)自分を愛することになるかな。を考えていく。


そして愛ある言葉に訂正してあげる。


例えば、


あの洋服が欲しい。

「いやいや、もう若くないからあれは着れないでしょ。」の会話であったら、「あの洋服可愛いからね。欲しくなるよね。若くないと思ってしまう気持ちもあるけど、買ってみても良いんじゃない?」


こんなふうに訂正してみる。


ただ、これを1回やってみても、そこまで効果はないと思うの。

少しずつで良いから毎日毎日続けてみよう。

それが自分を愛するということだよ。


2 自分の中にある怒りを紙に書き出してみよう


「愛されたい」「必要とされたい」が強くなり過ぎると、どうしても自分のことは後回しにして、他人を優先してしまうということに繋がってしまうんだよね。


でもその他人を優先する行動は、心の底から相手が大切だからという訳ではないと思うの。(もちろん常にそうだと言いたい訳でもない)


やっぱり他人を自分より優先してしまう根底には「嫌われたくない」「好きになってもらいたい」「愛して欲しい」そんな欲求があると思うんだ。


そういう欲求が根底にあるということは、言ってみれば無理矢理の他人ファーストということ。


ぶっちゃけた話、別に相手を想ってしている訳ではない。


嫌われないための防衛策であったり、好きになってもらうための作戦だから、自分の心の中には不平や不満、時に怒りが生じる。


こんなにしたのに、相手は何もしてくれない、これしかしてくれない...そんな考えが頭をよぎったら、無理矢理ファーストをしているかもしれないと立ち止まってみると良いよ。


だって本当に相手を想っているのであれば、そんな損得勘定は出てこないから。


自分の思い通りにならなかったとしても、不平不満は出てこないと思う。


でも、そのような他人に対するネガティブな感情は自分の心の中で蓋をしてしまうことが少なくないんだよね。


だって認めたくないから。


認めたら、なんて自分は嫌な奴なんだろう...と、自己嫌悪したり辟易してしまうでしょう。


だけど、そのような感情や考えに蓋をしても、それらが消えることはないの。


消化できないだけでなく、消化不良でどんどん膨らむよ。


それが精神不安定や抑うつ、病気として出てくると言われているの。


本当は自分の心は「助けてー!つらいー!」と叫んでいるのに知らないフリをして蓋をし続けるということは自分を大切にしないと同じことなんだ。


その時は苦しいかもしれないし、嫌な気分を感じてしまうかもしれないけれど、きちんと自分の不快な感情や考えに付き合う。


「こんなにあの人に優しくしたのに、恩を仇で返された。悔しい。」

「彼のために料理を作ってきたのに、冷蔵庫に放置されて食べてもらえなかった。本当に憎たらしい。」

「私は丁寧に接してきたのに、バカにされた。とっちめてやりたい!」


そのような自分の中にある黒い感情や考えを、きちんと言語化し噛み締めてみる。


仕方ない、仕方ない、と笑っていないで。

無視されるよりそうやって言われた方がマシ、ではなくて。


それらを許してしまうということは、結局自分自身が一番自分のことをみくびっているということだよ。


本当の自分の気持ちはなんだった?

怒りではなかったか?

憎しみではなかったか?

悔しさではなかったか?

腹立たしさではなかったか?


それらをきちんと見つめること。

自分が嫌な人間に思えてしまうかもしれないけど、そこをジャッジせず、その部分も自分であり、相手に対して本当はこう思ったんだ。

こういう気持ちだったんだ。

相手のことを本当はこういうふうに思っているんだ。

それらを、書き出してみよう。


それを続けていくと、自分の心の中がきちんと消化されていく。

消化出来るということは、自分にそれだけ優しくして愛を与えられたということだよ。


3 自分を労るということはモノを与えることではない


よく自分を大切にします。と言って、カフェでお洒落なパフェを食べたり、少し高いお店でディナーをしたという話を聞く。


またブランドのアクセサリーを自分にプレゼントした。という話もたまに小耳に挟む。


もちろんそれが悪いことではないし、一概に間違っているとは言えないと思う。


自分がそれを本当に望んでいるなら、それをするのも良し。


ただ、モノを与えること=自分を大切にすること。愛すること。とは思わない方が良いと思う。


結局、それで自分の根本が変わる訳ではないから。


だって、自分の大切な人にモノだけ与えられても別にそこまで嬉しくないでしょ。


プレゼントだって、テキトーに選ばれて「あげておけば良いんでしょ?」みたいなスタンスだったら全然嬉しくないよね。


結局どんなことでも、そこに気持ちが存在するから嬉しくなるし、幸せを感じられるんだよ。


自分を愛すること、大切にすることも同じ。

モノではない。

自分に対する気持ちの大きさ。

どれだけ気にかけてあげられるか。


それを常に忘れずにいられると良いね。


*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


苦しい恋愛にさようなら 本命カレに溺愛される幸せ女性のすゝめ〜7Daysレッスン〜


友だち追加


無料で7日間動画レッスンを受けられるので、ぜひ登録してね。


NEW

  • 彼氏が機嫌悪いのは自分のせいだと思ってない?埼玉カウンセリング

    query_builder 2024/02/21
  • 嫌われたくない心理が強過ぎると苦しい恋愛になってしまうワケ埼玉カウンセリング

    query_builder 2024/02/13
  • 嫌われるのが怖い...片思いを成就させる方法はこれ恋愛相談はLaPrincesse

    query_builder 2024/02/19
  • 片思いはもうつらい...諦める方法はある?カウンセリングはLaPrincesse

    query_builder 2024/02/17
  • 片思いばかり恋愛が上手くいかないはこうする!カウンセリングはLaPrincesse

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE