幸せになるために♡シンママの恋愛ではこの3つを守ればOK神奈川カウンセリング

query_builder 2021/10/26
ブログ
22344885_s

シンママでもまた恋愛をしてパートナーが欲しい!


また結婚したい!


そう思っているシンママ女性は少なくないと思うの。


もちろん我が子と二人きりでも十分幸せ。


だけど、やっぱりもう一度...「我が子がいて夫がいて自分がいる。」


そんな毎日を築きたいと思うよね。


女性だからこそ女性の幸せを願うことは当然のことだと思うし、やっぱり我が子にも「パパ」という存在がある家庭で生きて欲しい...とも思うから。


ただ、離婚を経験したからこそ不安も心配も大きかったり。


また失敗したらどうしよう。


また不穏な毎日に身を置くようになったらどうしよう。


結婚することで不幸になったらどうしよう。


後悔したらどうしよう....。


その「どうしよう」の不安が大きければ大きいほど、前に進むのは簡単ではなくなるし、恋愛に対してネガティブな考えになってくるよね。


でもホンネは「良い人と出会いたい」し、「幸せな家庭を築きたい」だと思うの。


自分のためにも、我が子のためにも。


私自身そのように強く思ってきたからこそ、幸せになりたいけど相反する考えや思いにとらわれて、身動きができない状況も長く経験してきたように思う。


だからこそ、私自身が綴れることが多々あると思ってる。


シンママだからこそ、自分のことだけでなく我が子のことも考えた幸せな恋愛とは何か。


新たな人を選ぶために大切なことは何か。


私自身が実行してきたことを今日は綴っていこうと思うの。


この記事を読んでくれているあなたにとって、参考になることが一つでもありますように。


目次

  1. 選ぶは常にシンママペースを理解してくれる人
  2. 我が子をスルーする人はお金持ちでもカッコ良くてもサヨナラ
  3. 自分が幸せかそうでないか


1 選ぶは常にシンママペースを理解してくれる人

シンママの女性は、我慢強いし、やっぱり母性本能溢れている方が非常に多い。


それは思いやりがあるし優しいということだから、とても素敵なことだと思うの。


でも、それがアダになることもあると私は思ってて。


シンママって、ただでさえ忙しい。


これは本当に経験してみなければ分からない、目の回る忙しさで。


ぶっちゃけ自分の時間なんてなくて。


自分の時間が欲しいなら睡眠時間を削る...のは当たり前で。


自分が辛い思いをするのも、当然になってしまったりするんだよね。


それは異性関係にも現れる。


良い関係になればなるほど。


それは相手のことが「好きだから。」はもちろんだけど、それと同時に「失うのが怖いから。」だったりする。


子どもがいるということは、子ども中心の生活になるのは当然で


自分の時間は著しく少なくなるからこそ、必然的に誰かと出会うことも少なくなる。


この人を失ったら、もう誰とも出会えないかもしれない。


その恐れや不安が、相手ペースの交際に発展することも少なくないんだよね。


でも客観的に考えて、シンママの生活は本当に大変だから。


常に子どものペースに合わせて、会社のペースに合わせて、これでもかって言うほど合わせる生活をしているでしょ。


本当はこれ以上合わせることは出来ないじゃん。


それなのに、今度は恋人にも合わせる。


それは何を意味しているかと言うと、どこかに皺寄せがやってくることを意味しているんだね。


恋人に合わせることで、大好きな我が子のペースを放棄しなければならなくなるかもしれないし、会社のペースかもしれないし、限られた自分のペースかもしれない。


最初は良いかもしれないけど、きっとその関係は段々しんどくなってくると思うのね。


もちろん恋人だからこそお互いが思いやることが大切だと思うけれど、こちらは一人で子育てをして、仕事もフルにこなしている。


その立場であることに理解を示してくれる相手でないと、やっぱりなかなか難しいのかなと思うの。


幸せどころか、不満満たされない思い、疲弊疲労感でいっぱいになり、何のための交際か分からなくなるかもしれない。


だからこそ、選ぶはシンママペースを大切に思ってくれる人。


もちろんその優しさに傲慢になるのではなくて、日々感謝をする。


それが出来たら良好な関係を続けられると思うし、深い関係を築けると思うの。


2 我が子をスルーする人はお金持ちでもカッコ良くてもサヨナラ

私たちシンママは、「我が子」という自分の分身と一緒に生きている。


自分の人生は自分だけがいる訳ではなくて、我が子が常にセットになっている(我が子が自立するまでは)


自分だけが幸せなら良し!という訳ではないよね。


だからこそ恋人が出来たとしても、自分のことは好きになってくれたとしても、我が子のことをスルーする人は、正直やめた方が良いと思うのね。


私自身過去に、我が子をスルーする男性と少しの間お付き合いしたことがあるんだけど....


やっぱり長くは続かなかったよね。


私のことを好きなのは分かったけど、私の子どものことは全く興味がないようで最後まで名前すら聞いてこなかった笑


そこに私はすごく違和感しかなくて、すごくモヤモヤしたんだよね。


もちろん最初から相手の子に興味を持つのは難しいかもしれないけど、本気で交際しているのであれば、ずっとこの先も一緒にいたいと思うなら、自ずと相手の子のことも考えると思うの。


私たちは、いっときの付き合いや、いっときの充足感なんて要らないじゃない。


欲しいのは一緒に歩む人生。


我が子をスルーする人なんて、一緒にいても苦しいだけ。


我が子をスルーする人は、間接的にこちらをスルーしているのと同じだと思うの。


どんなにお金を持っていても、社会的に成功している人であっても、見た目が良くても、私たちには必要ない人だと思うのね。


シンママが幸せになるためには、我が子をいかに愛してくれるか。


そこを大切にしていこうね。


3 自分が幸せかそうでないか

私たちシンママの恋愛は、やっぱり複雑ではあると思う。

考えなければならないこともやっぱりあると思う。


一緒になる人がどのような人かで、子どものこれからの価値観が変わってくるし、人格形成にも影響が出てくるから。


だからこそ色々深刻に考えすぎて、何を大切にすれば良いのか分からなくなってくることもあると思うけど


究極のことを言ってしまえば、自分がその人と一緒にいて


幸せか否かだと思うの。


子どもはママの笑顔が大好き。


ママが泣いていたり、苦しんでいたりしているのが耐えられない。(私自身これを身を以て経験したことがあるので、機会があったらそれを記事にしてみたい)


子どものためと思い、ママ自身が我慢するのも結局辛い日々が待っていると思うのね。


例えば、我が子のことを本当に可愛がってくれる男性だったとしても、自分がどうしても愛せなかったら。


一緒にいても苦しいし、いずれその苦しさに子どもは気付き、子どもも苦しくなり、相手もきっとその異変に気付くはず。


その後の日々を考えたら....


我が子の幸せを考えることはもちろん大切。


でもそれを考えるあまり自分の幸せを疎かにしたら、やっぱり上手くいかないと思うの。


だからこそ、自分が幸せかどうかを考えることも大切に出来たら良いね。


我が子と二人きりの人生も幸せだけど、「この人と一緒だと幸せ♡」と思える夫(パパ)がいたら、自分も子どもももっと笑顔になると思う。


毎日の食事も、週末の予定もきっと今まで以上に楽しくなるはず。


頼れる人がいることで女性はもっと幸せになれるはず。


そのために、素敵な人を選んでいこうね。


◆関連記事

遊ばれたトラウマで恋愛が上手くいかない...に終止符を神奈川カウンセリング

夫婦についてのご相談は神奈川カウンセリング


twitterでも幸せになれる恋愛論を呟いてるよ♡

NEW

  • シンママの再婚は難しいってウソだった?シンママだからこそ幸せ婚できる!神奈川カウンセリング

    query_builder 2021/10/26
  • 幸せになるために♡シンママの恋愛ではこの3つを守ればOK神奈川カウンセリング

    query_builder 2021/10/26
  • 浮気相手を辞めたいのに辞められない理由神奈川カウンセリング

    query_builder 2021/10/16
  • 彼氏が機嫌悪い日が多過ぎてうざい!そんな時どうする?神奈川カウンセリング

    query_builder 2021/10/11
  • 彼氏がLINEで機嫌悪い時はこの3つで対処できる!神奈川カウンセリング

    query_builder 2021/10/03

CATEGORY

ARCHIVE